R0057840

『わたしらしく働く!』

  • マガジンハウス=刊
  • 2016年4月28日発売

わたしが働きはじめたのは24歳のころ。育児雑誌の編集者として仕事をスタートした頃は、今思っても、本当に、どうしようもない甘ちゃんで、自信がないのにプライドばかり高くて、鼻っ柱がつよいくせにこころもからだも弱っちくて、煮ても焼いても食えない新人、という感じでした。約2年半の雑誌編集部員を経て、フリーランスのライター&編集者となり、30歳代後半でマーマーマガジンを創刊誌し、出版社を立ち上げるまで……。約20年間のわたしの仕事についてふりかえっている本です。あのようなヒドい新人が、今のように、自分が好きなように雑誌を編集させてもらったり、おもしろい出版社をたちあげたり、本を書かせていただけるようになったのは、なぜか。ありとあらゆることが影響していると思いますが、本当に、本当に、本当に、わたしにとってはこの仕事という存在が、わたしという人間の角を取り、堅かった部分をほぐし、粗かったところを細やかにしてくれ、少しはましな人間に……育ててくれたと痛感しています。それにしても、本当に人は、たくさんの人に支えられ、助けられ、守られて、大人になっていくものなんですね。一体何人の人に育てられたのか! こうふりかえると、人生においてヒール役だった人ほど、自分にとっては宝だったとわかります。悪魔も天使。天使も天使。なお、この本の後半では、わたし自身が仕事をする上で気をつけていること、先人たちからゆずりうけた仕事の知恵を24、ご紹介しています。ひとりひとりが、自分自身の「本音」を聞くちからをもって、自分らしく生きることに勇気をもって立ち向かう時、この世界は、少しは住みやすくなるのかな……と、そんな思いで書きました。一生懸命働いている、その結果にあるものが、自然破壊や、いじめや、貧困や、心身の不調や病気、そして戦争だったりするのは……、わたしは、心底かなしいことだと思います。でも、そうではない選択を、もう、ひとりひとりの人ができると思う。自分自身が幸福であることのみ、まわりの人をも幸福にすると思います。幸福になる機会はすべての人に与えられていると思います。同調圧力になんか負けないで(自分がつくりだした幻だ!)、あたらしい時代の働き方のために、勇気の一助になれたらこの上なくうれしいです。

みれいさん公式HP用

『わたしのダイアリー』

  • エムエム・ブックス=刊
  • 2015年12月23日発売

マーマーマガジンをたちあげるときに、よく自分と打ち合わせをしていました。それをもとにつくったのが「わたしノート」。おかげさまでロングセラーとなり、さらにパワーアップしたかたちで誕生したのが、この『わたしのダイアリー』です。「わたしワーク」と題して、アファメーション、ふりかえり、コンシャスプラン、あるもの点検、ありがとうメモ、得意なこと研究、ほんとうの気持ち研究、子どものころ好きだった本、1/3/10年後やりたいこと、自分年表(9年周期/シュタイナー七年期)、家族のこと、わたしのからだ、からだメモ、こころメモなどなど……、自分としっかり打ち合わせしたいかたに、自分が実際に試したものすべてを掲載させていただきました。そういったワークが巻頭にあり、続いて、1年分の日記がついているんです。自由記入式だから、いつからはじめても、また毎日書かなくてもオッケー(もちろん毎日書いてもオッケー)。「なにかいいこと」や「13の月の暦」を書く欄(別の用途で記入してももちろんオッケー)もあり、とにもかくにも「自分との打ち合わせ」がしっかりできるように、デザインしました。金小口も贅沢な感じ。いよいよ自分と打ち合わせしよう、というとき、ぜひ、おてにとってくださるとうれしいです。あたらしい門出をむかえる方へのちょっぴり贅沢なプレゼントとしても。わたし自身は「日記本」を書き続けていて通常の日記はパソコンで書いているかんけいで、このダイアリーは、主に読書日記として使っています。

IMG_4072

『日めくりッ コンシャスプランカレンダー 2016』

  • エムエム・ブックス=刊
  • 2015年11月19日発売

『マーマーマガジン』で創刊当時から掲載しているのが連載「コンシャスプラン」。「思い込み」をはずしたり、そのときにあった気づきがもたらされたり……。おかげさまでずっと人気で、「日めくりカレンダーにしたらたのしいだろうね〜」と創刊時のメンバーとよく話したものでした。そうして昨年、ようやく思いが叶って、365日の日めくりカレンダーが誕生したので、す、が! これが! 想像以上に、老若男女にウケた! ウケました! 『マーマーマガジン』を購読されていないご年配のかた、あと、お子さんからも、ご好評をいただいているのです。むーん、うれしいお話。今年は、読者のかたからの「コンシャスプラン」をプラスして、さらに約2か月ぶんをあたらしくして、全体をシャフル☆たびたび襲うシンクロニシティ(「この日になぜこのことば」と震えること多いです)! ちょっときばりすぎてんなとかいう気づき(脱力を迫られることも多々!)、いや、しゃきっとせんかいと背中を押されたり(これもときどき……)を、どうぞ、今年も、おたのしみくださるとうれしいです。なお、岐阜・美濃にある「エムエム・ブックス みの」の店頭にもこのカレンダーが飾られているのですが、よく道行くご年配の方々が足を止めて読んでくださっています。「パンクな気分で☆」「すべて幻」などのことばをどう読んでくださっているのか、いつかうかがってみたいです。なお、ひそかに人気なのが、自分やまわりの人の誕生日のことばをチェックするというもの。なにかユニークなメッセージがあるかも、しれません。表紙は今年もうちの猫あたり君で、すべてのカレンダーにあたり君シールがついています(どの日に入っているかおたのしみに!)。

R0056574

『わたしの手帖 2016』

  • エムエム・ブックス=刊
  • 2015年11月4日発売

4年間つくらせていただいた『SELF CLEANING DIARY あたらしい自分になる手帖』シリーズを、デザイン、サイズ、内容ともに大幅リニューアル。がしがし書き込むこれまでの手帖もよかったけれど、自分との真剣な打ち合わせをするには、もっとしっかりしたサイズのものがいいなと思い、分冊化しました(『わたしのダイアリー』は、12月中旬発売予定です)。とにかくいちばんの魅力は、手のひらサイズであること。表まわりのデザインも「おじさん」風でかわいいですよね。内容は、これまでの月々のエッセイやワークはそのままに毎週の読みものあり、新月&満月などの記載あり、さらに今年は「13の月の暦」も掲載されています(この夏、「13の月の暦」と出合って、しらぬふりをすることができなくなりました……ほんとうにすばらしくて!!)。そ、し、て! 自慢が、取り外し自由の「付録編」。これだけで1冊本ができるほどの濃密さ。自分を浄化するホリスティックな知恵、プランター栽培のこと、種の話、ブックガイド、マーマーマガジンの歴史、マーマーマガジン用語辞典、全国の「こころとからだを支えるイエローページ」、さらに! 「美濃と岐阜の情報」と、盛りだくさんの内容なのです。ふう〜。とにもかくにも、今年の手帖は、自信作です。目を細めてしまうほどに……。使えばもちろんですが、ちらみするだけで、いや、ひょっとするともっているだけで、こう、自分の中にきらめくものを見つけたり、あたらしい「視点」がもたらされる、そんな手帖になっている、ハズ! 2016年のおともにしていただけたら、こんなにうれしいことはありません。

R0056523

『わたしのヒント』

  • 大和書房=刊
  • 2015年10月23日発売

『マーマーマガジン』を創刊したころ、あまりにもその存在が知られていなさすぎて、ひとり宣伝活動のためにこつこつとブログをはじめた。やがてブログという形態も自分にとって自然ではなくなって(誰もが見ることができるというのはそれなりにそれなりなものなのですね)、2011年からメルマガになり、そのメルマガの中から「これは」というものを選んで1冊の本に編んだのがこの本。種が芽を出し、畑になって、それなりの収量になって、あるひとつの加工品になったような感じ。メルマガという媒体は、想像以上にユニークだと思う。ある熱をもった読み手に、毎週毎週、送られる手紙−−というのは、思っていたよりも、こう、なんというか、ある「空気」がつくられる(自分でいうのも何だけれど、この空気はけっして閉鎖的なものではないと思う)。その空気によって、書き手は書かされる。眠りながら書くような日もある。この体験が本当にすごい。書いているのは、もうわたし自身ではなく、その「空気」であり「読み手」の方々なのではないかとすら思う。実際、お便り交換も濃密で、この本のクライマックスはなんといっても、読者のかたからのお手紙掲載の箇所だ。何度読んでも涙がでます。とてもユニークな、また安心してたのしめる媒体、またそのような媒体を支えてくださる読者の方にめぐまれて、わたしは、とても幸運な書き手だとつくづく感じ入っている。これは、わたしがあなたであなたがわたし、というようなふしぎさがつまっている本でもある。ということで、わたしのヒントの「わたし」とは、服部みれいのことではなく、みなさんおひとりおひとりのことなのであります。ほんとうに、こっそりと、あたらしい本。

nanikaikoto

『なにかいいこと』

  • PHP文庫=刊
  • 2015年4月3日発売

わたしがはじめて書いた本『なにかいいこと』が文庫になりました。この本のもとになったのは、『マーマーマガジン』の連載で、初期のマーマーマガジンの空気みたいなものがぎゅっと入っていて懐かしいです。もとの本の表紙のレモンも好きでしたが、この文庫版の表紙のイラストもとっても気に入っています! レモン、ばら、そしてパンプス! 帯の後ろは……それはあけてのおたのしみ。いつだってフレッシュなものは「なにかいいこと」をふくんでいそうですよね。みなさんのヒントになったらうれしいです。

ojyasu_cover_0001

『わたしが輝くオージャスの秘密』

  • ちくま文庫=刊
  • 2015年3月10日発売

オージャスとは、アーユルヴェーダで「生命エネルギー」のこと。生命の生き生きとした質、ともいいます。黄金に輝き、こころやからだにエネルギーや活力を与える「オージャス」という存在についてわかりやすく紹介したのがこの本。オージャスとはどういう存在なのか、オージャスを増やすにはどうしたらいいのか、どうしたら減ってしまうのか。オージャスについて読み、触れるだけでも、自分の中に眠るオージャスが自分自身を内側から輝かしてくれそうです。前に読んだよ!という方もあらためて読むとあらたな発見があるかも(わたしがそうでした!)。わたしは、とにもかくにも、このオージャスという存在が大好きで(大好きというのもちょっと表現がおかしな話ですが)、この概念と存在について、たくさんの方に知っていただきたいと思って、この本をつくりました。もとは、『オージャスのひみつ』(マーブルトロン|中央公論新社)という本。しばらく版が途切れていたのですが、読者の方からの声が本当に多くて、文庫として復刊いたしました。今、この世の中に、人に、もっとも必要なのは、オージャスなのかも、オージャスを高めることなのかも、なんて思ったりもしています。監修は、蓮村誠先生です。

chikuma_book_0001

『わたしの中の自然に目覚めて生きるのです』

  • 筑摩書房=刊
  • 2014年11月27日発売

「あたらしいあたらしい」といいつづけて早3年。いや、もうすぐ4年。あたらしい自分だの、あたらしい時代だの、あたらしい意識だのって、いったいなんなんだ! 今の自分で充分じゃないか! 「ちがう自分」を目指すってなにごとぞ! って、そんな意見もよくわかるのですけれど、そういうことがいいたいんじゃなくて、おそらく、わたしが感じていることは、「そうはいったって、時はあたらしくなりつつある」、「あたらしい意識というものが生まれつつある」ということであり、また、「あたらしいわたし」とは、今のわたしじゃないわたしなんかになることではなくて、自分の中に眠っている自分の核みたいなもの、本質的な自分とでもいおうか、(一般的には本来の自分なんていいかたもしたりしますが)そういったところで生きるしかなくなっているんじゃないかということです。小手先じゃ利かなくなっているよねー、みたいな感じ。もっといったら、「小手先で生きる人と/丹田(肚)から生きる人」「頭で生きる人/たましいで生きる人」というふうにすごいいきおいで二極化している/いくのかもしれません。そんな中、じゃ、どうしていったらいいのサ、といったときに、わたしが出合ったふしぎな世界の人たちからの知恵に、わたしの考えも含めながら、「わたしの中に眠る自然」をしっかり感じて、そこから生きたらいいんじゃないか、と、メールと携帯、脱毛、セックス、加齢、問題が起きたら、呼吸のこと、からだの不調、食、お金、メディア、死、ヒーリングやセラピーなどなどについて、エッセイとして書き下ろしたのがこの本です。わたしの中に眠る自然とは、愛とか神とか神性とか聖性ということもできます。わたしは、何かや誰かをどうにかしたいという思いがそんなに強くあるわけじゃないけれど、誰もが過不足なく、自分のことを好きだなーとリラックスしている状態をのぞんでいるんだな、と最近感じています。エゴっぽく自分が自分がという方向ではなく、「無私」になる方向で、自分を受け容れている、という意味で。だって、それのほうがたのしそうだから。平和じゃん! そのほうが! ということで、この本が、そんなことに少しでも役に立つことができたならうれしいなと思っています。みんな、ひとりひとりの中に、おもしろいものがいっぱい眠っているのは本当のことだからです。そこを発動するときが、本当にきているって、心底、思っているのです。

techo&calender_0002

『日めくりッ コンシャスプランカレンダー2015』

  • エムエム・ブックス=刊
  • 2014年9月26日発売

マーマーマガジン創刊当初から、コンシャスプラン(連載)をカレンダーにしたいねーと、当時のスタッフとよく話していたものでした。あれから6年(きみまろの声で)! とうとうできたよ……(当時のスタッフのみんなとこころの中で手に手をとりあって)。やー、しかし、日めくりとは! 365日ことばを手描きするとは! イラストまで描くことになるとは! で! つくっていたときにはぜんぜん気づかなかったのですが、自分やだれかの誕生日のところのことばを見てたのしむというおたのしみがあることがわかって。これがびっくり!(こっそりみてみてください) す、ご、い、メッセージが! きづかなんだよ……。自分で書いているんだから、自分の誕生日のところ何度もゲラチェックしてたのに、ネ。笑っちゃった! ものすごい数量限定品でして、できるだけお早めに入手していただけるとうれしいです。ハガキがついていて、来年はみなさんからのコンシャスプランも入れつつ、カレンダーつくろう!というプロジェクトも静かに進行中です。ぜひ参加してください☆ちなみになんですが、コンシャスプランというのは和製英語(?)というか造語で、気づきのヒント、みたいなことです。もれなく表紙の猫ちゃん(うちのあたり君)シールつきです。

techo&calender_0015

『SELF CLEANING DIARY 2015 あたらしい自分になる手帖』

  • アスペクト=刊
  • 2014年9月26日発売

『SELF CLEANING BOOK あたらしい自分になる本』(アスペクト=刊)シリーズの手帖も今年で4年目。今年の手帖のいちばんの特徴は、自分と打ち合わせができるワークショップ形式のページをとりいれたことです。また純粋に手帖としての使いやすさも追求しました。特に、造本のやりかたをかえ、しっかりしたつくりを実現しています。個人的に気に入っているのは、毎月のアファメーションとふりかえりができるところ、ワークショップの部分、さらには、ウィークリーカレンダーのところで、毎日自分のテーマとふりかえりができるところ(これがかなりいい!)。2014年11月から使えるのですが、今までの手帖のなかでいちばん使っているかも(個人的にもどちらかというと読みものとしてつかっていました)。すでにぎゅうぎゅうに書き込んでいて、書き込んだ手帖に自分が助けられるという体験もしています(ニャンと!)。ウィークリーのコンシャスプランなどは今年も顕在です。あたらしい自分=本来の自分に気づく、その伴走役になったらうれしいです。塩浴、顔深筋マッサージ、食べかたのきほん、などのよみものも充実しています。自分でいうのも何ですが、本当にいい手帖に進化してきていると感じています(壁どんならぬ、胸どん)。

100_book_140522_0000

『服部みれいの冷えとりスタイル100連発ッ』

  • エムエム・ブックス=刊
  • 2014年5月24日発売

冷えとり健康法を実践しながら、ファッションも楽しんでみました、というスタイルが100体載っている本。ファッションといったって、「冷えとり」の軸がなかったら、何のことだかよくわからないかもしれない本ですけれども、何にせよ、「からだやこころにやさしい服の着方」というものが存在するのだということを、からだであらわしてみた、といったところでしょうか……。現代人は(自分も含めて)、自分に対してやさしくするところと律するところが、ちぐはぐすぎる、と思います。自分を自分たらしめる軸が外にありすぎて、自分のことなんかもうわけがわからんちん、となっている。冷えとりは、そういった軸を自分の中に取り戻せる、とても優秀な知恵のひとつで、この本が、(服装しか載ってませんが)、その入り口もしくは継続のヒントになれば、本当にうれしいです。冷えとりは厳しい側面もあるけれど、何せ、やさしい。自分を責めたてるものではなくて、自分にやさしいものに触れる機会が多くなるといいなと思っています。そういうものこそ、心底「あたらしい」と思うのですが、いかがでしょうか?

atakon2014_0001

『あたらしい結婚日記』

  • 大和書房=刊
  • 2013年12月19日発売

あたらしい東京日記につづく日記本の第2弾。「あたらしい結婚」って何があたらしいのサ、といわれてしまうと、もじもじしてしまいますが、「♪すこしは、上手にぃー、愛のメッセージーー、伝えたいー」というよりは、あたらしい関係性みたいなものについてトライしようとしていますという意味での「あたらしい」なの、か、ナ。いや、結婚話に期待して読めば、前著同様、日記本であることにかわりはないし、日記として読めば結婚までの約半年分は、「はいはい、ごちそうさま」といいながら読むしかないのかもしれないけれど、読後感は、これまた前著同様、人それぞれかもしれないです。ただ、小説でもない、エッセイでもない(同著には数本収録あり)、詩でもない、日記というジャンルについて、まだ慣れないけれど、でもわたしは夢中なのであり、100年後、人にたいそう喜ばれ、おもしろがられるのは、案外、日記だったりするのではないかと夢想しています。

tetyou001

『SELF CLEANING DIARY2014 あたらしい自分になる手帖』

アスペクト=刊
2013年9月26日発売

この手帖も今年で3年目。毎年、○、△、とモチーフになっている図形があったのですが、今年は☆。テーマカラーはレモンイエローです。テーマは、自分の中にきらめくような星を感じて。月のエッセイは、より、自分との打ち合わせ感といいますか、ワークショップ感覚が高まっているかも。週ごとのコンシャスプランなども顕在です(個人的には月のエッセイとこのプランが現実的に役に立っていマス)。今年からのちがいはといえば、TO DOリストがついたこと、年間のアファメーションとふりかえり欄ができたこと。読み物は、ちいさなファームのつくりかた(石田紀佳さん)、季節のヒント(ささたくやさん)ほか、グラウンディングする立ち方歩き方や、才田春光さんの3Q体操、弓田亨さんのルネサンスごはん(弓田ごはん)のつくりかたなど充実してます。やー、もりだくさん。3年ぶんつくってきて今年の手帖がいちばんエネルギーが高くて濃密なんていうのは、著者として自分に甘すぎるでしょうか。もっているだけで自分の真ん中が光りだす、そんなことをイメージして集中してつくりました。担当Nさんのブログも参考にしてくださるとうれしいです。 http://ameblo.jp/selfcleaningdiary/

book_selfcleaning2

『SELF CLEANING BOOK2 自由な自分になる本』

  • アスペクト=刊
  • 2013年6月25日発売

『SELF CLEANING BOOK あたらしい自分になる本』の第二弾。あたらしい自分になっていったら人はどうなるか? そう、自由になっていく! のですね。もちろん、わたし自身、まだまだ、あたらしい自分、自由な自分と出合う旅の途中。そんな「事後報告」と「途中経過」を兼ねた、あいもかわらず赤裸裸な体験談の本です。冷えとり健康法のその後、さらには布ナプキン体験、月経血コントロールと、より「自然」に向かっています。数秘術と前世療法の体験についても、(精神世界系は拒否反応起こす人がいると躊躇していた担当者を説きふせて)書かせていただきました。もう、そろそろ、いいかなと思って。自分から自由になっていきたい方に。

book_love_breathing

『恋愛呼吸』

  • 中央公論新社=刊
  • 2013年6月25日発売

帯に「呼吸で結婚!」とあって、何のあやしい本かと思われた方もいるかも。いや、あやしいといっても、あまりのスピードで願いが叶ったため、これまでの時間の感覚で考えるとそう思われてもしかたがないという点で、なのですが、潜在意識がどう自分に影響しているか、呼吸でどうそこがきれいになっていくか、加藤先生との対談をベースに解説しながら、実際の呼吸法のやりかたを紹介した本です。陽気に、大らかに、そして素直になりたい人に。もちろん、願望を叶えたいすべての人に。誰の中にも眠る「本心良心」を発揮するための本といってもいいかも。あははと笑って、こころがスッキリきれいになる本です。